日経225先物のデイトレード心構え

日経225先物のデイトレード心構え

日経225先物取引をする個人投資家が増えてきており、特にデイトレードで取引する個人投資家がふえてきてます。その場合の注意点をあげるとすれば、日経225先物取引の先物価格が上がるか下がるか2分の1の確率で偶然うまくいったからと調子に乗るといずれ大きな損害を被る羽目利なるとも限りません。必
そこで、日経225先物でデイトレをする場合は、最小限のルールを確立しておくことが非常に重要になります。
日経225先物のデイトレ取引をする際、どのようなルールを設定すればよいかいくつか例を挙げると、
1)銘柄選択
2)売買のタイミング
3)損切りの設定
等があります。
そしてその中でも特に重要なのが、「損切りラインの設定」で、大きな損出を出さない為に特に注意が必要です。
損切りラインの設定する際、取引中の感情や欲に惑わされて大きく負けないよう、しっかりとした守るべきルールを設定する事が重要で、強い精神力が必要となってきます。
たまに、損切りが出来ずに持ち越してしまう人(日をまたいで保有する人)がごく稀にいらっしゃいますが、あまりオススメできません。
確かに、日経225先物デイトレにおいては持ち越しを1つの戦略とするケースもありますが、日経225先物デイトレの初心者にはとても危ない橋です。持ち越しトレードをする以前に、しっかりとポジションをどう取るのか決めておく必要があるでしょう。
また、日経225先物デイトレをする場合、気配値はとても重要な情報源となります。
テクニカル分析において重要な事に、売買のタイミングから損切りのラインまでをすべて設定して、実際に売買するときだけしか板を見ず、アラートを待つという行為は非常に危険です。
日経225先物のデイトレでは手数料の低さが魅力的ですが、逆指値などのツールを使うと、一般投資家にはすこし高くなってしまうのかもしれません。
日経225先物デイトレは突然大口の売りが出たりして流れが変わってしまうなど非常に予測がつきにくく、気配値から目を離さないようにして常に急展開に備えることが必要です。
向き不向も確かにあるでしょうが、日経225先物でデイトレの取引をする場合、あくまでも自己責任において投資しなければなりません。