日経225先物オプション取引

日経225先物オプション取引

日経225先物取引と日経225先物オプション取引との違いは、日経225先物の売買の契約をする取引が日経225先物取引であるのに対し、日経225先物についての売買の権利を取引することが日経225先物オプション取引なす。
では、オプション取引とはどういうことでしょう?前もっと決められた期日に、特定の商品を、予め定められた価格にて売買すると「権利」じたいを取引することです。
日経225先物取引では、相場が下がっても契約をしているので何があっても絶対にその値段で日経225先物の売買をしなければなりません。
ですが日経225先物オプション取引の場合についてはあくまでも「権利」になるので、もしも自分の投資にとって不利になると思った場合には、日経225先物取引の売買をする権利を放棄してしまっても良いということになります。
要するに、投資家が大負けする時でも、「日経225オプション取引」の場合は最初に投入した資金以上に損が拡大することはありません。これが「日経225オプション取引」の「損失限定、利益無限大」という最大のメリットがあると言えます。
どういうことかというと、「日経225先物取引の買い」とは違って、「日経225先物オプション取引の買い」というのは、損失が始めに払った金額に限定されるのです。
さらに、買い手には証拠金を必要としません。
そのため対象物の価格が予想に反した動きをしたとしても追加での費用が発生しないので資金を計画的に運用出来ます。
また、日経225先物オプション取引における売り手はリスクが高いのですが、プレミアム収入によって運用資金の利回りを高められます。1週間で5倍〜10倍に利益を上げられるのがオプション取引の醍醐味です。
売り手は手にしたプレミアムを証拠金に充当出来ますし、再度運用資金に回すことが可能です。
それだけでなく、対象物の価格が動かなくても利益を追求出来ます。