日経225ミニの始まり

日経225ミニの始まり

 

日経225ミニとは、日経225先物取引よりも少ない資金で始められ、よりリスクののすくない商品として大阪証券取引所でとりあつかいが2006年7月に開始されました。
リスクが少ないということは、日経225先物取引が日経平均株価の1000倍の取引であるのに対し、日経225ミニはその10分の1の単位で取引が成立します。
証拠金が以前に比べ低減されて、個人投資家がより投資しやすい身近な存在になってきている日経225先物取引ですが、日経225ミニによって更に少額の元手で日経平均株価を対象とした先物取引が可能となったわけで、人気を集めています。
日経225ミニは証拠金約5万円(証拠金の額はあくまでも想定であり、実際の額は各証券会社で異なります。
詳細は証券会社にお問い合わせ下さい)となっており、日経225先物の場合は値動きの幅が10円なのに対して、日経225ミニの場合は5円となっています。
その幅によって値動きの幅も当然変わってきますので、値段が一刻み動いた場合の損益は日経225先物が1万円であるのに対し、日経225ミニは500円となり、レバレッジ効果があります。
このようなレバレッジ効果は利益という面だけではなく、損失の面でも非常に有効に作用し、相場の変動による損出が出て、現金で証拠金を追加で差し入れる必要があったり、証拠金を上回った損失が発生してしまったりする場合に有効なのです。
日経225先物取引だけでなく、ミニにも注目が集まっているのは、同じ値動きがあった場合でも、日経225先物取引よりもミニの方が利益の額が少ない分、損失は抑えられ、より安全性があることです。ですが損失が出るということには変わりがないので、自己責任において、十分な注意が必要です。