日経225先物の価格設定

日経225先物の価格設定

日経225先物の価格設定はどのようにして調整されているのでしょうか?
日経225先物取引の価格は日経平均の傾向によって調整されますが、実際には、需要と供給(需要と供給関係)の状況で取引価格が決定されます。

 

この供給と需要の関係がもっとも重要で、日経平均株価(現物)を基にその他の要因を加えて「理論価格」、つまり先物価格が決定されます。
その他の要因とは、日経平均株価(現物)、短期金利、配当利回り、満期までの期間のことを指します。

 

●理論価格の算出

 

理論価格=日経平均株価×{1+(短期金利−配当利回り)×満期までの日数/365}

 

●理論価格と、日経225先物の取引価格

 

@理論価格が日経225先物の価格より低い場合は日経225先物の価格が割高
A理論価格が日経225先物の価格より高い場合は日経225先物の価格が割安

 

日経225先物と現物の日経平均株価との価格差に着目したビジネス・テクニックで利益を出す方法、を「裁定取引」と言います。

 

「買い裁定」
@の条件の場合は日経225先物を売建て、日経平均株価を買建てる「買い裁定」

 

「売り裁定」
Aの条件の場合は日経225先物を買建て、日経平均株価を売建てる「売り裁定」
実際に、裁定残(裁定取引に伴う先物建玉数)は「買い裁定」把握かなりの比率です。