日経225先物取引の損益

日経225先物取引の損益

「買建」をするのは、日経平均がこの先上昇するだろうと予想した場合と、
「売建」をするのは、「買建」とは逆に日経平均が今後下落するだろうと予測した場合
の「買建」と「売建」という2つのスタンスで日経225先物取引は、利益を狙っていきます。

「買建」とは、仮に現在の日経平均が14000円だとします。上昇するだろうと予想し、予想通り日経平均が上昇して14500円になった為、転売をしたとすると、その上昇分500円が利益となります。逆に予想に反して13500円に下落しその時点で転売または満期を迎えた場合、下落分500円が損失となります。

「売建」とは逆に日経平均が14000円の場合、下落するだろうと予測し、予想通りその後下落して13500円になったとします。その時点で買戻しすると下落分の500円が利益となります。予想と反して14500円まで日経平均が上昇した場合、その時点で買戻しまたは満期を迎えた場合、上昇分500円が損失となります。

投資するとは価格が上して利益が出るというイメージが一般的かもしれませんが、日経225先物取引の場合は下落している局面でも利益を出すことが可能というメリットがあります。つまり上がっても下がっても利益が出せるということです。

上昇、下落のどちらの取引の場合でも、日経225先物は1000倍単位での取引であるため、500円プラスの場合は50万円の利益、500円マイナスの場合は50万円の損失が実際の評価となります。

1日につき、日経225先物はおよそ100円〜300円の動きがあると言われています。そのため、10円の値動きによって1万円の損益が発生するという資金効率の良さに人気が集まっているというのが現状です。
ただし気をつけないことは、自分の思惑と外れた動きをした場合には利益が出しやすい分だけ損失も大きいので気をつける必要があります。