日経225先物システムトレード 継続は力なり

日経225先物システムトレード 継続は力なり

日経225先物のシステムトレードを構築し導入することで得られるメリットは大きい反面、そのシステムトレードを持続しなければ効果が出ないという問題点があります。持続、と聞いただけではぴんと来ないかと思いますので、具体的にお話しましょう。

 

継続は力なりとことわざでありますが、日経225先物のシステムトレードはまさにそうで、シグナル通り注文を出すという単純作業をずっと続けられるかどうかということが、勝負の分かれ道です。これは考え方しだいでが、投資活動をあくまでも仕事のひとつと割り切れば本当はそれほど難しくないのでうs。

 

資産を増やすという作業としてとらえ、どちらかというと性質的には仕事に近いと言えます。どんな仕事でも好奇心が満たされる業務についている人ばかりではないと思いますし、どんな立場の人も普段やることのおおよそは決まりきったことを繰り返していることが多いはずです。 しかも日経225先物をシステムトレードトレードする場合、1日2回程度注文を出すのみですむこともあり、時間に換算すれば10分程度で済みます。ところが意外とこれが出来ない人が多く、お金を稼ぐプロ意識の欠如と言えるでしょうか。

 

一方、シグナルの通りに間違いなく注文を出せるかというと、単純作業ですが、意外にもミスが起きたりし、毎日マーケットに居る人でもある程度ケアレスミスは避けられないと割り切っている人がいるほどです。

 

もう一つの問題点は、投資に対してゲーム感覚の楽しみを期待しているがゆえ、あまりにも単調な作業の連続に耐えられなくなってしまうことです。日経225先物のシステムトレードにおいては個別株への投資のようにたくさんの銘柄から掘り出し物を探り当てる、というような極める楽しみはありません。日経225先物のシステムトレードでの興奮や刺激を求める場合は他で満足するようにしましょう。