自己裁量とシステムトレード

自己裁量とシステムトレード

個人投資家が日経225先物取引をしている場合、自分なりにルールを決めて取引している個人投資家が多いのではないでしょうか?
個人投資家が取り組んでいる日経225先物取引の方法は次の二つの投資法があります。
色々なテクニカル指標である、RSI、一目均衡表、ボリンジャーバンド等が、とても使い勝手が良い形式で比較的に簡単手に入るようになり、こうした指標に自分なりの条件設定をしたトレードをする投資法もあります。

また、四季報などを参考にして自己ルールを決めた上で取引をする伝統的な個人投資家法もあると思います。
どちらの場合も、ルールを決めてそれに従った取引をするのであれば、これをシステムトレードと呼ぶのではないかという議論がありますが、こういった個人投資法と本来のシステムトレードを明確に区分する決定的な違いがあります。
それは非常に重要な事なのですが、過去のデータにさかのぼった上での確率的な裏付けがあり、ある程度を予想できるという事です。

もちろん、将来の株価動向を正確に予測するのは決して簡単ではなく、少なくとも過去はどうだったかを知った上でトレードすることですが、一つの有効な方法です。
それは、過去のデーターから、勝率は何%で、どのくらいの期間続けた場合いくらの損益が出ていたのか、調子が悪い場合どの位の損失を覚悟するか、などをしっかりと知ることは、心理的動揺を防ぐ言う意味でも重要です。

ただ、あくまでも、確率論からの話であって、実際の将来の値の動きを完全な把握は不可能であることは肝に銘じておかなければなりません。
個人投資家が日経225先物取引において、自己裁量によって利益を出し続けるにはそれなりの才能が必要ではないでしょうか。