日経225先物取引の取引方法

日経225先物取引の取引方法

日経225先物取引を取引する場合、最初に、証券会社に口座開設し、証拠金を差し入れます。この証拠金の額は証券会社により異なりますが、最低でも50万円以上は必要になると考えた方が良いでしょう。詳細に関してはお取引のある証券会社へ問い合わせてみるのが良いでしょう。

そして、実際の日経225先物取引を予測し取引する場合、二つのスタンスがあります。

1、日経平均株価が上がると予想した場合「買い」(買建)、
2、日経平均株価が上がると予想した場合「売り」(売建)

のスタンスを取り、

そして満期まで保有するのか、
満期までに反対売買するのか(転売をするか、買い戻しをするか)
その時の相場に合わせて取引します。 しかし、日経225先物が予想と反して動いた場合は損失が発生するので要注意です。

日経225先物取引はすべてにおいて「差金決済」によって決済され、実際に手元の資金を決済する場合には、建値と反対売買の際の埋値との差額を受渡しします。
さらに決済の方法を詳しく説明すると、「反対売買」と「SQ決済」の2通りです。反対売買とは、満期までに、買建の場合には転売で、売建の場合には買戻しで、その建値と埋値との差額を決済するものです。一方、SQ決済とは、各限月の第2金曜日に、日経平均株価の構成銘柄である225銘柄の寄付きの値で計算した日経平均株価(SQ値)で建値との差額を求め決済します。


先ほど登場した「満期」についてですが、これは「限月(げんげつ)」と呼ばれています。
日経225先物取引は、3月、6月、9月、12月の第2金曜日の前日が取引最終日となっています。 これは「限月取引」と呼ばれ、取引最終日が近いものから順番に5つの限月取引が並行して行われています。 例えば、現在が2月だとすると、取引最終日の近いものは3月ですので、取引される限月は3月、6月、9月、12月、来年3月の5限月となります。 そして1つの限月取引が終了した場合は、その翌日から新たな限月取引がスタートします。